So-net無料ブログ作成
検索選択

靴修理のはなし [故障、修理]

「お客さん、良い靴履いてますね・・」

20代前半の頃、切れたリーガル・プレーントゥの紐を買いに行ったときの靴屋さんの第一声です。

紐を替えながらぽつりと「でも靴がかわいそうだな・・」 追記:うそくさいかもしれませんが実話です。

手入れをせず、砂利を敷いた駐車場を移動するときに足元を注意しないで歩くなど手荒な扱いをしていたため、傷だらけな上にひびが入った靴を見て元靴職人おじさん、耐えられなかったのでしょう。 「手入れしてもいいですか?」

その日は30分ほどかけて靴の手入れのレクチャーを受けた後、MELTONIANの靴クリームを買って帰りました。 (MELTONIANはどこかの会社に吸収されたんでしょうか・・)

その日以後、きちんと靴の手入れをするようになり、10年以上履いている靴が数足あります。

 

shoe01.jpg 

↑12年前オースチンあたりのアウトレットで113ドルで買ったものです。(当時のレートで14000円) 

shoe02.jpg

購入時、かなりきつかったのをレーザーストレッチスプレーとシューキーパーで時間をかけて伸ばしてようやく足にあうようになったのですが、最近コバの部分が取れてしまいました。(↑は修理上がりの写真)

素人作業で接着剤でコバを貼り付けたもののすぐ取れてしまいました。 革底は穴があきコルクが見えており、ヒールもかなり磨り減っている状態・・

修理費を調べたところ、マッケイ製法のオールソール交換は1万数千円かかるのか・・でもハーフソールとヒール交換なら半分で済みそう、でもコバ交換の価格表がない・・いくらするんだろう? 新品の国内価格は2~3万・・どうしよう・・

と一通り思案したものの表側はそれほど傷んでないし、足に合っている靴を捨てるわけにはいかないので修理に出すことに・・

靴修理で検索すると自宅から歩いていける距離に結構あります。その中からなんとなく名人っぽい店を選んでたずねた所、

「これはオールソール交換しかないですね・・納期は3週間で14000円です」とのこと・・2週間後に海外出張があるので保留としました。(オールソールと言われたのも理由の一つ)

その帰り道、上町筋と長堀通りの交差点近くに修理屋さんがあることを思い出し「11日で修理可能ですか」と切り出したところ、

「ハーフソールとヒール交換は問題ないです。コバはいいサイズのものが入手できればそれを使いますが間に合わなかった場合少し大きいものを貼り切りしても構わないなら間に合います。料金は6500円」とのこと。

10年履いていることを聞いたときの反応が控えめながら本当に驚いている様子・・なんとなくですがこの人はいい職人さんのような気がしたのでお願いすることにしました。

↓仕上がりはこんな感じ、大満足です。靴底の色がオリジナルの色と合ってないですが後でシュークリームを塗って色合わせしました。 誰に見せるわけでもないんですが・・

shoe03.jpg

↓レーザーストレッチスプレーをドバドバ吹きかけたり、手荒に扱ったためやや傷んではいますが最低でもあと10年は履くつもりです。

shoe04.jpg

職人さん、ありがとうございました。こんどは20年物を持っていきます。 

追記:迷ったけどバンコク出張に履いていきました。5日間履きっぱなしでしたが、雨が降らなかったこともあってか、日本と比べてでこぼこな道や砂利道でも歩きやすく、脱ぎ履きしやすくて大正解でした。

 

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。